MENU

カニやタコ・イカなど、猫に食べさせないで!

 

ここ数年、ペットブームですよね。
犬や猫を飼っている家庭も多いと思います。

 

犬というと家の外で飼うイメージがありますが、最近は室内で飼う人が
多いようです。

 

それに小型の室内犬が流行りのようですね。

 

確かに大型犬になると、フード代や運動など大変になってきます。

 

 

 

ペットブームによって、いろんなメーカーからドックフードが出ています。
必要な栄養が入っているので、家で作るより手軽で便利です。
それに、犬が食べてはいけないタコやイカ・カニなどの消化に悪いものは
入っていません。

 

また、絶対に食べてはいけないものに玉ねぎや長ネギ・にんにくなどが
あるのでドックフードなら安心ですね。

 

 

 

そして、猫にも食べさせてはいけないものがあります。
猫の胃を刺激する唐辛子やコショウ・ショウガ・さとうなど、
食べさせないことです。

 

他には、イカやタコ・カニ・エビなどもいけません。
イカやカニなどは人間にとって栄養があっても、猫にとっては
胃に負担がかかるだけなんです。

 

 

猫はイカやタコが好きですが、ビタミンB1を壊すものが入っているので、
食べさせないように注意しましょう。

 

 

犬も猫も飼いだすと家族のようなものですよね。
健康で元気でいるためには、食事に気をつけてあげることが大切だと
思います。

 

タラバガニは横歩きする?

 

ふつう歩くときは、前に向かって真っ直ぐ縦に歩きますよね。
ほとんどの生き物はそうだと思います。

 

しかし、カニは横歩きですよね?

 

カニは横歩きがふつうと思いますが、タラバガニだけは別かも……

 

それは、タラバガニはヤドカリの仲間だからです。
ヤドカリの仲間なら、横歩きだけでなく他の生き物のように
縦に向いてあるくのではないかと……

 

とはいっても、タラバガニだから縦に歩くわけではないようです。
横歩きのようなんです。

 

 

 

しかし、カニの種類はたいへん多いので、縦に歩くカニもいます。
そればかりか後ろ歩きするカニもいるようですよ!

 

 

 

でも、タラバガニがヤドカリの仲間だと知らなかった人もいると思います。

 

ペットショップで売っているヤドカリとは、かなり形が違いますよね。

 

ヤドカリの仲間といっても、甲殻類に入ります。

 

 

 

タラバガニは、日本海などで育っているので貝などを食べています。

 

よく似たカニにアブラガニがいますが、甲羅の突起の数と脚の色が違うので、
よく見ると分かります。

 

 

 

タラバガニは脚が太くてボリュームがあるので、野菜などと煮てカニ鍋が
最適な調理方法ではないでしょうか。

 

他には、焼いて食べてもいいですよね。

 

タラバガニは大きいので、食べごたえのあるカニですね。

タラバガニはやっぱり築地!

 

美味しいタラバガニが食べたいですよね!
だって、タラバガニは500グラムが3000円〜4000円ぐらいするんです。
産地によって値段が変わりますが……

 

タラバガニは値段が高いので、美味しくなくては……

 

 

タラバガニを買うなら築地がいいですよね。
やっぱり、新鮮だと思います。

 

獲れたタラバガニを築地で水揚げして、冷凍すれば
獲れたての新鮮なタラバガニを食べることができます。

 

とはいえ、築地まで行くのは無理ですよね。

 

 

しかし、通信販売やインターネットで築地のタラバガニを注文できます。
家に居て注文できるんですから、ほんとうに便利です。

 

お店のホームページをみれば、タラバガニの写真がありますし、
それぞれにお勧めセットやお買い得のカニもあります。

 

また、ホームページを見比べて買えますよね。

 

そして、忘れてはいけないことがお店の評判です。

 

 

 

タラバガニの食べ方もいろいろです。

 

新鮮な生のタラバガニをそのまま醤油や二杯酢などにつけて食べます。

 

また、ホットプレートやフライパンなどで焼いてもいいですよね。
よく網で焼くことがありますが、網だとタラバガニから汁が出てしまいます。

 

この汁には旨みがあるので、蒸し焼きができるホットプレートや
フライパンがいいですよ。

 

カニ アレルギー